マインクラフトサーバー「MOFUCRAFT!!!」の公式Wikiです

保護の方法

作ったものを荒らしから守ったりする場合に保護をかけます。

当サーバーで利用できる保護は「ブロック保護」と「領域保護」の二種類です。

それぞれの使い方や特徴などを理解して保護をしましょう。

ブロック保護


ブロック保護とは、チェストやドアなどのブロックを保護する機能です。

チェスト・かまど・看板は設置時に自動で設置したプレイヤーの保護がかかります。

保護のかけ方


コマンド一覧にあるブロック保護系のコマンドを入力します。
∧欷鄲仂櫃泙燭亙欷邁鮟対象のブロックを左クリックします。
N个諒源が出てきたら成功です

領域保護


領域保護とは、自分が建てたもの全体を保護する機能です。

保護のかけ方






領域保護には木の斧を使用します。

この豆腐(3×3×3マスの水晶ブロック)を保護したいと考えて説明します。

(卻の隅(この場合赤羊毛)を斧で左クリックします。正常に指定できると「First position set to (xxx, yyy, zzz)」と表示されます。通常の建物を保護する場合は、地面を数ブロック掘り下げた場所を指定する事になります。

△發κ卻の隅(この場合青羊毛)を斧で右クリックします。正常に指定できると「Second position set to (xxx, yyy, zzz)」 と表示されます。通常の建物を保護する場合は、建物のの外にブロックを積み上げて家の上空で指定する事になります。
チャット画面を開き「/region claim 保護名」とコマンドを入力します。 保護名に自分の名前をつけるとわかりやすいでしょう。
※/rg claim と入力する前に//expand vertと入力することで範囲指定をy0-255まで拡張したことになります。
成功すると「Region save as 保護名」と表示されます。

注意


領域保護をすると、保護領域内は自分しかブロックの設置・破壊ができなくなります。
領域が大きすぎる場合は分けて保護する必要があります。
他プレイヤーの保護領域と重複して保護をかけることは出来ません。
木の棒を持って右クリックですることで領域保護の情報を見ることが出来ます。保護名の確認も、木の棒を右クリックするとできます。
初期のままでは保護した人以外、チェストを開いたりすることができなくなります。他プレイヤーと共有する場合はコマンド一覧にある、フラグを設定して下さい。

メニュー

サーバー状況


powered by つっちーサーバー

メニュー

お知らせ

現在のお知らせはありません

総アクセス回数



ツイッター

TeamSpeak3

調整中


Wiki内検索

メンバーのみ編集できます